IT家・挑戦雑記

情報を制する者は世界を制す!

★状況
 ・Apacheサービスの再起動に失敗した
 ・以下エラーメッセージ
  [linux@user]# service httpd restart
  httpd を停止中: [失敗]
  httpd を起動中:
  (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address [::]:80
  (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80
  no listening sockets available, shutting down
  Unable to open logs [失敗]

★環境
 ◆サーバーサイド
  ・OS:CentOS 5.6
   ・PHP:5.3.x
   ・Apache:2.2.x
   ・MySQL:5.5.x

★原因
 ・プロセスが既に握っているため?・・・多分・・・
  ※なぜ握ったままか分からないが、正しくサービスが終了していなかったためと推測される

★解決
 ・対象のプロセスを調べて停止する
 ◆プロセスの調べ方
  /sbin/pidof httpd
   もしくは
  /usr/sbin/lsof -i | grep http
 ◆プロセスの停止
  kill 停止するプロセスの数字

★確認
 ・Apacheの再起動
  /sbin/service httpd start
  httpd を起動中: [ OK ]


★参考URL
 ・[ギーク芸人を目指すデジタルケイタのブログ] apacheの再起動でエラー (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address [::]:80

Chromeをアップデートしたら失敗した。
「更新サーバーにアクセスできません(エラー: 3)」

Google Chrome について 20110430 205324

以下の「Google Chrome ヘルプ」ページにて紹介してますね!

インストールとアップデートに関する問題(Windows): 更新サーバーにアクセスできません

chrome_help

MSDNは基本的に契約期間中はライセンスに縛られることなく自由に製品を利用できる開発者向けのサービス。

ただし!
最近のMicrosoft社製品はアクティベーション認証などにうるさい!
Windows7の場合、確か1つのライセンスキーで10回?くらい認証ができ、
同一ハードウェア構成の場合は確か1つのライセンスキーで20回??だったと記憶している。。(若干回数など違ったかも・・・

Windows7同様にデザイン向けソフト「Expression Studio 4」にもアクティベーション認証があります。

以前MSDN事務所に問い合わせをした際に、基本的にライセンスキーの最大認証回数を超えたら、
申請すれば追加でライセンスキーを発行してくれるとの事。

それで「Expression Studio 4」も最大認証回数を超えたので、
追加ライセンスキーを申請(MSDNサブスクリプション:048-226-5700)してみた所(※要、契約中のサブスクライバーID)・・・

 ・「Expression Studio 4」は追加でライセンスキーを発行していない。
 ・電話にて認証して下さい。(特にMSDNの契約情報など不要で認証可能)

との回答があった。

不正利用防止とはいえ、何にしてもめんどくさいものです。。。

110427_expression4

110427_expression4_2

110427_expression4_3

110427_expression4_4

110427_expression4_5

CentOSサーバーのMySQLをyumコマンド(remiパッケージ)を用いてmysqlをアップグレードを行った後、
MySQLのサービスが起動しなくなるトラブルが発生!
その解決した方法を紹介します。

★状況
 ・MySQLをアップグレード(5.1系 -> 5.5系をremiパッケージにて)
 ・MySQLサービスが起動しない。

★環境
 ◆サーバーサイド
  ・OS:CentOS 5.6
   ・PHP:5.3.x
   ・Apache:2.2.x
   ・MySQL:5.5.x

★原因
 ・MySQL5.5系において廃止されたシステム変数「record_buffer」がmy.cnfに記述されていたため!

★解決
 ・my.cnfを変更
  ※「#record_buffer = 8M」をコメントとアウト
 ※my.cnfの原因を特定できない場合は、一度my.cnfをリネームして、my.cnfなしでサービスを起動できるかチェックし、起動したらmy.cnfの記述のどこに問題があるか切り分ければよい。

★備考
 ◆サービスを再起動時のエラーメッセージ
  [root@user ~]# service mysqld restart
  mysqld を停止中: [ OK ]
  MySQL Daemon failed to start.
  mysqld を起動中: [ 失敗 ]

 ◆起動しなかった際のMySQLのログ(/var/log/mysql)
  110417 18:12:07 mysqld_safe Starting mysqld daemon with databases from /var/lib/mysql
  110417 18:12:07 [Warning] option ‘table_cache’: unsigned value 33554432 adjusted to 524288
  110417 18:12:07 [Warning] Changed limits: max_open_files: 1024 max_connections: 151 table_cache: 431
  110417 18:12:07 [Note] Plugin ‘FEDERATED’ is disabled.
  /usr/libexec/mysqld: Table ‘mysql.plugin’ doesn’t exist
  110417 18:12:07 [ERROR] Can’t open the mysql.plugin table. Please run mysql_upgrade to create it.
  110417 18:12:07 InnoDB: The InnoDB memory heap is disabled
  110417 18:12:07 InnoDB: Mutexes and rw_locks use InnoDB’s own implementation
  110417 18:12:07 InnoDB: Compressed tables use zlib 1.2.3
  110417 18:12:07 InnoDB: Using Linux native AIO
  110417 18:12:07 InnoDB: Initializing buffer pool, size = 128.0M
  110417 18:12:07 InnoDB: Completed initialization of buffer pool
  110417 18:12:07 InnoDB: highest supported file format is Barracuda.
  110417 18:12:07 InnoDB: Waiting for the background threads to start
  110417 18:12:08 InnoDB: 1.1.6 started; log sequence number 2952637
  110417 18:12:08 [ERROR] /usr/libexec/mysqld: unknown variable ‘record_buffer=8M’
  110417 18:12:08 [ERROR] Aborting
  
  110417 18:12:08 InnoDB: Starting shutdown…
  110417 18:12:09 InnoDB: Shutdown completed; log sequence number 2952637
  110417 18:12:09 [Note] /usr/libexec/mysqld: Shutdown complete
  
  110417 18:12:09 mysqld_safe mysqld from pid file /var/run/mysqld/mysqld.pid ended”mysqld.log” 1314L, 95950C

 ◆調査でご利用させていただいたサイト
  ・[sakaikの日々雑感~(T)編] [mysql]MySQL 5.5.3-m3 で廃止になった変数やオプションなどを整理しました
  ■今回は利用しなかった他の解決方法?
  ・[質問掲示板 – CentOSで自宅サーバー構築] MySQL5.1.41が起動できない

★CentOSのアップグレード

 ◆アップグレード日時
  11.04.12 17:30

 ◆コマンド履歴
  ■バージョンの確認
   [root@user mysite]# cat /etc/redhat-release
   CentOS release 5.5 (Final)

  ■アップグレード実行
   [root@user mysite]# yum update

  ■バージョンの確認
   [root@user mysite]# cat /etc/redhat-release
   CentOS release 5.6 (Final)

★状況
 ・WordPressで記事を投稿しても、RSSが更新されない。

★環境
 ◆サーバーサイド
  ・OS:CentOS 5.5
   ・PHP:5.3.x
    ・WordPress 3.1
   ・Apache:2.2.x
   ・MySQL:5.1.x

★原因
 ・キャッシュ生成プラグイン『Quick Cache』によるキャッシュファイルが生成されていたために、最新のRSS情報が表示されなかった。

★解決
 ・RSSをキャッシュの対象外に指定。
  ※RSSのURIである「feed」を除外

●WordPressの管理画面

●キャッシュ生成プラグイン『Quick Cache』の設定

URLからA(アンカー)タグを作る正規表現を紹介します。
※URLの前後に余計な文字列が無いと仮定します。

★検索する文字列
(http://.*)

★置換後の文字列
<a target=”※必要に応じて「_blank」など※” href=”$1″>$1</a>

★スクリプト概要
サーバーが及びネットワークがちゃんと動作しているか、
メールにてレポートする。
※あくまでメール送信できた際に、メールがちゃんと送信できている事を確認するだけの簡易的かつ限定的な機能。

★環境(テスト済み)
 ・CentOS 5.5
 ・bash

★その他
 ・使用するならcronを使う必要有り

★スクリプト内容
#—————————————————————-#
# +ユーザ環境(要変更)
#—————————————————————-#

#送信先メールアドレスを設定
address=”mail@exsample.com”

#—————————————————————-#
# +処理部分
#—————————————————————-#

# 件名の文字コードをutf8に変換
# nkfコマンド http://it.kndb.jp/entry/show/id/744
subject=`echo svr_report | nkf -j`
msg=”date +””%Y-%m-%d_%I:%M:%S”””

# メール送信(コマンド結果はSJISに変換)
mail -s “$subject” $address << HONBUN
`$msg | nkf -w`
`echo "server is Green!" | nkf -w`

HONBUN

exit

★環境
 ・ホストOS:WindowsXP SP3
 ・ゲストOS:Fedora14(Linux)
 ・仮想ソフト:VirtualBox 4.0.2 r69518

★状況
 ・Fedora14にGuest Additionsをインストールできない

 ◆コマンド実行
  [root@localhost VBOXADDITIONS_4.0.2_69518]# ./VBoxLinuxAdditions.run
  Verifying archive integrity… All good.
  Uncompressing VirtualBox 4.0.2 Guest Additions for Linux………
  VirtualBox Guest Additions installer
  Removing installed version 4.0.2 of VirtualBox Guest Additions…
  Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules [ OK ]
  Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules [ OK ]
  Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
  The headers for the current running kernel were not found. If the following
  module compilation fails then this could be the reason.
  The missing package can be probably installed with
  yum install kernel-devel-2.6.35.10-74.fc14.i686
   [失敗]
  Your system does not seem to be set up to build kernel modules.
  Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong.
  Once you have corrected it, you can run
  
   /etc/init.d/vboxadd setup
  
  to build them.
  
  Doing non-kernel setup of the Guest Additions [ OK ]
  Installing the Window System drivers
  Installing X.Org Server 1.9 modules [ OK ]
  Setting up the Window System to use the Guest Additions [ OK ]
  You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
  the guest system) to enable the Guest Additions.
  
  Installing graphics libraries and desktop services componen[ OK ]
  [root@localhost VBOXADDITIONS_4.0.2_69518]# ^C
  
  

 ◆コマンド実行後のログ
  ■/var/log/vboxadd-install.log
   Makefile:23: *** Error: unable to find the sources of your current Linux kernel. Specify KERN_DIR= and run Make again.. 中止.
   Creating user for the Guest Additions.
   Creating udev rule for the Guest Additions kernel module.

★原因
 ◆パッケージ不足
  ・gcc
  ・kernel-devel

★解決
 ◆パッケージのインストール
  ・yum install gcc kernel-devel

 ◆パッケージインストール後のコマンド実行結果
  [root@localhost VBOXADDITIONS_4.0.2_69518]# ./VBoxLinuxAdditions.run
  Verifying archive integrity… All good.
  Uncompressing VirtualBox 4.0.2 Guest Additions for Linux………
  VirtualBox Guest Additions installer
  Removing installed version 4.0.2 of VirtualBox Guest Additions…
  Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules [ OK ]
  Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules [ OK ]
  Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
  Building the main Guest Additions module [ OK ]
  Building the shared folder support module [ OK ]
  Building the OpenGL support module [ OK ]
  Doing non-kernel setup of the Guest Additions [ OK ]
  Starting the VirtualBox Guest Additions [ OK ]
  Installing the Window System drivers
  Installing X.Org Server 1.9 modules [ OK ]
  Setting up the Window System to use the Guest Additions [ OK ]
  You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
  the guest system) to enable the Guest Additions.
  
  Installing graphics libraries and desktop services componen[ OK ]

Googleの軽量ブラウザ「GoogleChrome
自動アップデート機能がついているので簡単にバージョンアップがあった際にはアップデート可能で便利ですが、
たまに正常にアップデートできないケースがありますのでそれの解決方法を解説します!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★状況
 ・GoogleChromeの自動アップデートが機能しない
 ・「GoogleChromeについて」を開くと「再起動」のボタンが有り、再起動するもバージョンが変更されない

★環境
 ・WindowsXP SP3
 ・GoogleChrome 7.0.517.44

★原因
 ・古いファイルが正常に反映されていない
  ※ファイルの場所(winxpの場合)
   C:Documents and Settingsアカウント名Local SettingsApplication DataGoogleChrome

★解決
 ・古いファイルを手動にてアップデート
  ※詳細は以下画像より解説