IT家・挑戦雑記

情報を制する者は世界を制す!

JavaScriptを使用していると、型の問題に遭遇する事がしばしばあるのではないでしょうか?
数値型と文字列型です。
以下では、数値型と文字列型の型変換方法を解説します。

1.「数値型」を「文字列型」へ変換 ・・・ 【数値型】->【文字列型】

–JavaScriptソース
 //変数宣言(この時点ではnumは数値型)
 var num = 1;
 //数値型を文字列型に変換
 num = num + “”;

 //numに10を加算
 num = num + 10;

 文字列型に変換することで、numの値は11ではなく110になります。
 numは宣言時の数値型ではなく、文字列型になっています!

2.「文字列型」を「数値型」へ変換 ・・・ 【文字列型】->【数値型】

–JavaScriptソース
 //変数宣言(この時点ではstrは文字列型)
 var str = “1”;
 //文字列型を数値型に変換
 str = str – 0;

 //strに10をプラス
 str = str + 10;

 数値型に変換することで、strの値は110ではなく11になります。
 strは宣言時の文字列型ではなく、数値型になっています!

 ★トラックバック
 


Add A Comment