IT家・挑戦雑記

情報を制する者は世界を制す!

ブログソフト【WordPress】
最近は自動アップデートがブログの機能に追加されましたが、それでも複数のブログを所有しているのには、アップデートは骨をおるはず・・・
そこで、運用中のWordPressを一括でアップデートするシェルスクリプトを作ってみました!
※念のため、アップデート前にバックアップはとっておいて下さい!
それから、使用の際は自己責任で^^

■スクリプト概要
WordPressアップデート シェルスクリプト

■スクリプト内容
#////////////////////////////////////////////////////////////////#
# @スクリプト名:wordpress-update.sh
# @バージョン:1.00
# @作成日:09.10.25
# @更新日:09.10.27
# —
# @作者:masa.h(マサ)
# @サイト1:http://masah.dip.jp/
# @サイト2:http://masa.selfip.com/
# @メール:oldtimer.masa@gmail.com
#////////////////////////////////////////////////////////////////#

#—————————————————————-#
# +ユーザ環境
#—————————————————————-#

#使用方法
#sh wordpress-update.sh 第1引数
# 第1引数・・・アップデート対象となるWordPressのzipファイル名

#更新するWordPressの数
update_num=2

#アップデート対象のWordPressのパスを入力
wp_path=(
‘/home/blog1/’
‘/home/blog2/’
)

#—————————————————————-#
# +アップデート部分
#—————————————————————-#

#
if [ “$1” = “” ];
then
#引数がないときに処理を終了
echo ‘引数(アップデート対象のzip file)が指定されていません!’
exit;
#echo ‘test’
fi

#wordpress書庫を展開する
unzip $1 -d temp_wordpress

#カウント変数初期化
count=0
update_num=`expr $update_num – 1`
while [ $count -le $update_num ];
do
echo ‘アップデート中–>’${wp_path[$count]}
cp -a temp_wordpress/wordpress/* ${wp_path[$count]}
count=`expr $count + 1`
done

#展開ディレクトリの削除
rm -rf temp_wordpress

■スクリプト概略
・ユーザ環境を指定!
 ・update_num・・・更新するブログの数
 ・wp_path・・・更新先のブログのパス
・第1引数でしていされた書庫が展開されて、アップデート先に展開された内容が上書きされます。

■スクリプトのダウンロード先
WordPressアップデート シェルスクリプト:wordpress-updatewordpress-update.sh

■備考
 シェルスクリプトはあんまりよく知らないけど、配列の最大値をカウントできれば、更新するWordPressの数【update_num】を指定しなくてもいいかもしれないです・・・^^

 ★トラックバック
 


Add A Comment